映画

【あなたは何人?】映画『水曜日が消えた』のあらすじと感想・考察

さて、今回は映画『水曜日が消えた』について書いていきます。

吉野耕平監督のオリジナル初長編監督作品で、曜日ごとに性格が変わる7人の僕を中村倫也さんが演じます。

パンダ
パンダ
中村倫也さんの演じ分け力、半端ねえ…

映画『水曜日が消えた』のあらすじ

ある日、水曜日の僕が消えた。

交通事故に遭い、曜日ごとに中身が入れ替わるようになった僕。

7人の僕の中で、火曜日は一番地味な性格。掃除や通院などあらゆることを任される。いつも通りの一日を終えて、来週まで眠る。

しかし、そんな日々を繰り返していた火曜日が目を覚ますと、何かがいつもと違う。

なんと火曜日の僕のまま、水曜日に目覚めていたのだ。

いつも休館だった図書館が空いている。次第に水曜日を満喫する火曜日だったが、徐々に体に異変が起き始める。

果たして、7人の僕はどうなってしまうのか。

映画『水曜日が消えた』のキャスト・スタッフ

監督・脚本

監督は、吉野耕平監督です。

短編映画で、PFF審査員特別賞をはじめ数々の賞を受賞し、2012年及び2019年に「日本の映像作家100人」に選出された経歴があります。

映画『君の名は。』にはCGアーティストとして参加する注目の映像作家です。

本作では、監督・脚本だけでなく、VFXも担当しています。

キャスト

火曜日(7人の僕)中村倫也
一ノ瀬石橋菜津美
瑞野深川麻衣
新木中島歩
高橋休日課長
安藤きたろう

主人公の火曜日(7人の僕)を中村倫也さんが演じます。

各曜日で人格が全く違うため、演じ分けるのが難しそうですが、違和感なくそれぞれの個性を表現されていました。

特に、後半の性格が何度も入れ替わるシーンは圧巻です。

主題歌

主題歌は、須田景凪『Alba』です。

2013年、バルーン名義でボカロPとして活動開始しました。

代表曲の「シャルル」は、YouTube で約7,500万再生を記録しています。

2017年、須田景凪として活動を開始し、「teeter」をリリース。続く「porte」は、オリコンウイークリーアルバムランキングでTOP5にランクインしました。

映画『水曜日が消えた』の感想

曜日ごとに入れ替わる7人の僕、という設定がまず面白いですよね。

1人7役という超難役を、中村倫也さんが変幻自在に演じています。

正真正銘のカメレオン俳優です。

物語は、火曜日を主人公に据えて進んでいくので、設定の複雑さとは裏腹に非常に理解しやすいストーリーになっています。

たった一つ曜日が増えるだけで、これだけ新しい世界に感じられるのかと、いつもの日常がより新鮮に感じられます。

また、7つの人格の共同生活であるからこその、家の造りや工夫はどれも面白く、その空間設計も非常に楽しめます。

付箋のやり取りも特徴的で、エンドロールで繰り広げられる付箋の会話は笑いました。

後半は、意外な展開と、中村倫也さんの演技力ならではの衝撃の展開があり、そこも非常に良かったです。

日常が少し新鮮に映る、そんな作品でした。

映画『水曜日が消えた』の考察

分人主義

相手によって様々な自分になるという考え方が、分人主義です。

人の性格というのは、たった一つの確固たるものではなく、その時や場所によって変わります。

色々な友達に自分の性格を聞けば、答えがかなりバラつくと思います。

本作は、そんな分人主義的な考え方を、曜日というフレームに適用して作られた作品だと思いました。

曜日ごとに性格が変わる人はあまりいないと思いますが、ほとんどの人は相手や環境によって性格が変わります。

どこで誰と関わる時、どの性格になるのか。

改めて自分自身を見つめ直すと、本作のように日常が少し新鮮に感じられて、気分も楽になるかもしれません。

自分の中に、何人の僕・私がいるのか、考えてみると面白い発見が見つかるでしょう。

さいごに

今回は映画『水曜日が消えた』について紹介しました。

中村倫也さんのカメレオン俳優ぶりが際立つ、当たり前の日常が少し新鮮に感じられる作品です。

気になる方は、ぜひご覧ください!