映画

【どんでん返しの連続】映画『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』のあらすじと感想

さて、今回は映画『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』について書いていきます。

小説「ダ・ヴィンチ・コード」シリーズの4作目「インフェルノ」出版時、著者のダン・ブラウン同意のもと、各国の翻訳者達を秘密の地下室に隔離して翻訳作業を行ったという衝撃の実話がもとになっています。

どんでん返しの連続に翻弄される予測不能のミステリー作品です。

パンダ
パンダ
こんなに翻弄されたミステリー映画は久しぶりでした!

映画『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』のあらすじ

地下室に隔離された9人の翻訳家。

ある出版社がベストセラー小説「デダリュス」三部作の完結編「死にたくなかった男」の出版権を獲得。オーナーのアングストロームは、話題作りのため全世界一斉発売を確約する。

集められた9人の翻訳家は、小説の流出を防ぐため通信機器を没収され広大な地下室に隔離される。豪華な食事と娯楽施設が完備された地下室で2ヶ月過ごす事に。

生活にも慣れ次第に打ち解けあっていく翻訳家達だったが、突如アームストロングのもとに脅迫メールが届き事態は一変する。

「冒頭10ページを流出させた。500万ユーロで損失は止められる。24時間以内に払わないと、明日次の100ページもネットで公開する。」

原稿の全容を知るのは、非公開の著者オスカル・ブラックとアームストロングのみ。アームストロングは翻訳家の犯行だと確信し、これ以上の流出を防ぐために翻訳を中止した。

しかし流出は止まらず犯人探しはエスカレートしていき、身の危険を感じた翻訳家達も互いに疑いの目を向け始める。

映画『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』のキャスト・スタッフ

監督・脚本

監督は、レジス・ロワンサル監督です。

1998年、短編『Madame Dron』で監督デビュー。その後、『Simon』や『Belle, enfinpossible』など短編映画の監督を務めました。

2012年、タイプライター世界大会に挑む女子の奮闘を描いた『タイピスト!』で長編映画監督デビューし、同作がセザール賞新人監督作品賞にノミネートされ注目を浴びました。

キャスト

エリック・アームストロングランベール・ウィルソン
ダリオ・ファレッリ
(イタリア語)
リッカルド・スカマルチョ
エレーヌ・トゥクセン
(デンマーク語)
シセ・バベット・クヌッセン
ハビエル・カサル
(スペイン語)
エドゥアルド・ノリエガ
アレックス・グッドマン
(英語)
アレックス・ロウザー
イングリット・コンベル
(ドイツ語)
アンナ・マリア・シュトルム
チェン・ヤオ
(中国語)
フレデリック・チョー
テルマ・アルヴェス
(ポルトガル語)
マリア・レイチ
コンスタンティノス・ケドリノス
(ギリシャ語)
マノリス・マヴロマタキス
ローズマリー・ウエクスサラ・ジロドー
パトリック・ボーショージョルジュ・フォンテーヌ

音楽

音楽は、三宅純さんです。

ジャズ・トランぺッターとして活動開始し作曲家としても頭角を現し、CM、映画、アニメ、ドキュメンタリー、コンテンポラリーダンスなど多くの作品に楽曲を提供しています。

2005年からパリに拠点を設け、米アカデミー賞長編ドキュメンタリー映画賞にノミネートされた『Pina/ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち』や『嘘はフィクサーのはじまり』、『人間失格 太宰治と3人の女たち』などを務めました。

リオオリンピックの閉会式では椎名林檎からの依頼で「君が代」のアレンジを担当しています。

映画『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』の感想

フランス映画らしいオシャレな映像と、練りに練られた脚本を楽しめます。

どんでん返しをどんでん返しするような展開で、結末を予測する事は出来ないでしょう。

舞台となる地下室は監視付きの密室で、スマホも没収されるため犯行はほぼ不可能。ストーリーが進むに連れて、僅かに残された予想も次々に折られてしまいます。

全く見当がつかなくなることで結末への期待感が徐々に高まっていきます。犯行の手口が明らかになる時には一気にスピードアップし、スリルある展開に変貌していきます。

さらに、そこで終わらないのが本作の面白い所です。

このまま収束していくかと思いきや、犯人から衝撃の真実が明かされるのです。もう振り回され過ぎて笑ってしまうくらいです。

爽快感抜群のミステリー作品でした。

さいごに

クレイジーな実話をもとにした映画『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』を紹介しました。

鑑賞後の爽快感は抜群です。

気になる方はぜひご覧ください!