映画

【進化版ミュージックビデオ】映画『サヨナラまでの30分』のあらすじと感想・考察

さて、今回は映画『サヨナラまでの30分』について書いていきます。

北村匠海さん×新田真剣佑さんという絶妙なコンビと、カセットテープで入れ替わるという設定に惹かれました。

想像以上に切なく感動する作品です。

パンダ
パンダ
北村匠海さんと新田真剣佑さんの歌声が綺麗過ぎる!!

映画『サヨナラまでの30分』のあらすじ

「ちょっと体貸して!」

就活が上手くいかない大学生・颯太は、とある場所でホコリを被ったカセットテープを発見する。

中身が気になり再生すると、解散したバンド「ECHOLL」のボーカル・アキと入れ替わり、その日から颯太の体を共有することになってしまう。

入れ替わる時間は、カセットテープを再生する30分。

アキは颯太の体を使いバンド再結成をメンバーに迫り、颯太も次第にメンバーと仲を深めていく。

しかし、「ECHOLL」の元メンバーでアキの恋人・カナだけは戻ってこなかった。アキと颯太はカナを振り向かせるために最高の曲作りをスタート。

一方でカセットテープには異変が起きていて、アキと颯太の入れ替わる時間が短くなっていく。

映画『サヨナラまでの30分』のキャスト・スタッフ

監督

監督は、萩原健太郎監督です。

2013年に初の長編脚本『Spectacled Tiger』が、米・サンダンス映画祭で最優秀脚本賞、サンダンスNHK賞を日本人で初受賞。2017年には人気コミック『東京喰種 トーキョーグール』の実写化で長編映画監督デビューを果たします。

その他多数のCM、MV、ショートフィルムの演出を手がけています。

キャスト

窪田颯太北村匠海
宮田アキ新田真剣佑
村瀬カナ久保田紗友
山科健太葉山奨之
重田幸輝上杉柊平
森涼介清原翔

北村匠海さんと新田真剣佑さんのW主演。二人とも歌唱力がとても高いです。特に北村匠海さんは「DISH//」のメインボーカル・ギターを務めており、その歌声に魅了されます。

その他、松重豊さんや筒井道隆さん、牧瀬里穂さんなどが出演しています。

音楽

andropの内澤崇仁さんが音楽プロデューサーを務めました。

劇中のバンド「ECHOLL」の楽曲含め計6曲のオリジナル楽曲が制作・提供されています。

内澤崇仁「風と星」、雨のパレード「もう二度と」、odol「瞬間」、Ghost like girlfriend「stand by me」、Michael Kaneko「真昼の星座」、mol-74「目を覚ましてよ」の計6曲です。

映画『サヨナラまでの30分』の感想

歌と映像の質が非常に高い。そしてミュージックビデオのようにテンポよく展開するため、どんどん引き込まれていきます。

暗い性格が徐々に変わっていく系のキャラクターは北村匠海が演じれば間違いなく、まさに本作に超ハマり役でした。

アキを演じた新田真剣佑の歌唱力の高さにも驚き、二人の共演は絶妙なコンビでした。

さらに、作中で披露されるオリジナル曲のクオリティも文句なしです。人気アーティスト達が手掛ける楽曲は完成度が高く、映画の設定を違和感無く飲み込めます。

また、カセットテープというアナログなアイテムが、切ない状況を演出していて作品にメリハリが生まれます。

正反対の二人が入れ替わるという割とありがちな設定ですが、作品の完成度の高さとカセットテープで入れ替わる設定にやられました。

さいごに

今回は映画『サヨナラまでの30分』を紹介しました。

キャストの歌声、楽曲の完成度、映像の美しさ、全て揃っている映画です。

まるでミュージックビデオの長編版とも言えるようなテンポ感があり、どんな人でも作品に引き込まれていくでしょう。

気になる方は、ぜひご覧ください!