映画

【圧巻の音楽映画】映画『蜜蜂と遠雷』のあらすじと感想

直木賞と本屋大賞をダブル受賞した恩田陸さんの小説『蜜蜂と遠雷』が実写映画化されました。

累計発行部数134万部を突破した大ベストセラーで、映像化不可能とも言われていました。

パンダ
パンダ
圧巻の圧倒される演奏シーンでした。

映画『蜜蜂と遠雷』のあらすじ

異なる音符達が紡ぐ、ただ一つのストーリー

若手ピアニストの登竜門、芳ヶ江国際ピアノコンクールが開催される。

かつて天才少女と言われながらも、表舞台から姿を消していた栄伝亜夜は再起を掛けてコンクールに出場する。

亜夜はそこで3人のコンテスタントと出会う。

生活者の音楽を奏でる高島明石。幼少期ともにピアノを学んだマサル。そして、ピアノの神様の推薦状を持つ謎の少年、風間塵だ。

天才達が集結するピアノコンクールで、最後に笑うのは一体誰なのか。

映画『蜜蜂と遠雷』のキャスト・スタッフ

監督・脚本・編集

監督・脚本・編集を務めたのが、石川慶監督です。

2017年に公開した映画『愚行録』で、ヴェネチア国際映画祭オリゾンティ・コンペティション部門に選出され、他多くの賞を受賞した注目の監督です。

キャスト

栄伝亜夜役

栄伝亜夜を演じたのは、松岡茉優さんです。

日本アカデミー賞で、優秀主演女優賞・優秀助演女優賞の受賞経験を持つ実力派女優です。

高島明石役

高島明石を演じたのは、松坂桃李さんです。

日本アカデミー賞最優秀助演男優賞を受賞した経験があります。

マサル・カルロス・レヴィ・アナトール役

マサルを演じたのは、森崎ウィンさんです。

『レディ・プレイヤー1』でハリウッドデビューを果たし、スティーブン・スピルバーグ監督から国際派俳優として認められた注目の俳優です。

風間塵役

風間塵を演じたのは、鈴鹿央士さんです。

映画『先生!、、、好きになってもいいですか?』のエキストラとして参加した際に、広瀬すずさんにスカウトされデビューしました。

「MEN‘S NON‐NO」専属モデルオーディションでグランプリに輝いています。

音楽

作曲

課題曲『春と修羅』を作曲したのは藤倉大さんです。

革新的な作曲家に贈られるヴェネツィア・ビエンナーレ音楽部門銀獅子賞の受賞経験があります。

栄伝亜夜

栄伝亜夜の演奏を担当したのは、河村尚子さんです。

ミュンヘン国際コンクール2位、クララ・ハスキル国際コンクール優勝などの輝かしい経歴を持ち、文化庁芸術選奨文部科学大臣新人賞も受賞しています。

高島明石

高島明石の演奏を担当したのは、福間洸太朗さんです。

20歳でクリーヴランド国際コンクール優勝し、一流フィギュアスケーターやバレエダンサーとの共演など幅広い活動を展開しています。

マサル・カルロス・レヴィ・アナトール

マサルの演奏を担当したのは、金子三勇士さんです。

11歳でハンガリー国立リスト音楽院大学に入学。バルトーク国際ピアノコンクール優勝など数々のコンクールで優勝した経験があります。

風間塵

風間塵の演奏を担当したのは、藤田真央さんです。

18歳でクララ・ハスキル国際ピアノコンクール優勝、チャイコフスキー国際コンクール第2位などの経験があります。

映画『蜜蜂と遠雷』の感想

音が無くても、音が聞こえる。声が無くても、声が聞こえる。

冒頭から単なる音楽映画ではない事を告げられたため、耳に神経を集中させました。この世界の音の在り処を教えてくれる、今までと違う音楽映画と言えるでしょう。

本作には裏切りが存在しません。

コンクールではライバルである天才達が熾烈な戦いを繰り広げます。それ以上でも以下でもありません。

ただただ天才達が競い合う異次元がそこにあり、圧倒的な場所が存在します。普通の映画なら間違いなくつまらない設定でしょう。

では、なぜこの映画は面白いのでしょうか?

花を咲かせる蜜蜂。彼方で鳴り響く雷。その存在に気づいた時、個々の音符が連なり格別な世界を奏でます。

その世界を聞けることが、この映画の面白さだと言えるでしょう。

さいごに

見て聞かなければ分からない、言葉で説明し尽くせない圧倒的な世界が体感出来ます。

圧倒的な天才達のバトルを楽しんでください。

気になる方は、ぜひご覧ください。