映画

【最高のコメディアクション】映画『ザ・ファブル』のあらすじと感想

南勝久氏原作のコミック『ザ・ファブル』を実写映画化!

日本を代表するアクション俳優・岡田准一氏と最高峰のアクションチームがタッグを組みました。

コメディー要素満載のストーリーとカッコ良いアクションのギャップに釘付けなること間違いなし!!

映画『ザ・ファブル』のあらすじ

6秒以内に誰でも…。

幼い頃から特殊な教育を受け、並はずれた腕前を持つファブル。

難なくミッションをこなし続けるファブルにボスから超難関ミッションが告げられる。

「1年間、一般人として普通に暮らせ!」

ファブルは佐藤アキラの名前を使い相棒のヨウコと大阪へ向かう。ボスの紹介で出会った海老原に世話になりながら普通の生活を満喫することに…

ところが、バイト先で出会ったミサキが襲われる。

ミサキを助けたいが、ボスとの約束も破れない。

ボスの約束とミサキの救出ミッションに挟まれたファブルは一体どうするのか!?

映画『ザ・ファブル』の見どころ

最高峰のアクション

海外から世界的アクション監督を招き入れ、最強のアクションチームを結成!

今まで数々の難関アクションに挑んできた岡田准一氏が今作でも超難関アクションに挑戦。

伝説の男ファブルをそのまま実写化したような常人離れしたスピード感と華麗な身のこなしに注目です。

日本映画最高峰のアクションシーンを見逃すな!!

コメディー満載のストーリー

あんなにエグいアクションがありながら、笑いが起こるストーリーに構成されているのも魅力の一つです。

アキラの異常な食生活や意外な才能が普通の生活で露わになります。

幼い頃から異常な生活を送ってきたアキラが普通の人間になるべく努力する姿が可愛らしく可笑しい。

二つの顔を持つアキラのギャップにやられてしまう!

映画『ザ・ファブル』の感想

公開前から楽しみにしていた映画で期待をしていたのですが、想像以上のアクションで大満足。

予告で笑いのシーンも混ぜられていたので、「多少コメディー要素あるのかな?」と思っていたら結構多かったです。

笑いとハラハラが変わりまくる展開で感情揺さぶられまくり。

コメディーとアクションが気持ちいい感じに融合してて満足感半端ないです。

ちなみに「ファブル」には伝説や寓話というような意味があるそうです。

ラストシーンで寓話のような展開もあるので注目してみて下さい!

さいごに

これぞ最高峰のエンターテイメント。

ハラハラとワクワクの繰り返しで誰が観ても楽します。

少しでも気になる方はぜひご覧ください!